ようこそ、中央大学学員会東京文京区支部(文京白門会)へ

FrontPage

はじめまして

 ようこそ!
中央大学学員会東京文京区支部(文京白門会)のホームページへ
 文京白門会は、文京区在住、在勤の中央大学学員で構成されています。当会は、会員相互の親睦を図り、交流を通じて中央大学の発展に寄与することを目的としております。
 このたび、本会のホームページを開設しましたので、会員間の情報交換サイトとしてご利用ください。




支部長挨拶

野口支部長

 この度、学員会東京文京区支部第5代の会長及び支部長を仰せつかりました野口曻兵でございます。
 昭和47年3月、学園紛争の為に卒業式は挙行されず、中庭2号館事務所の窓越しに卒業証書の授与とお祝いに缶ビールを頂きました。卒業後40年余りを迎えた年の創立125周年記念式典での中央大学歴史パントマイムには感涙に咽びました。嗚呼、母校とはかくも良きもので有るとしみじみ思いました。今日私が有りますのも多大なるご指導を賜りました中央大学の大先輩でございます坂本市郎先生(学外大学教授白門会顧問)、本支部名誉会長である大久保治男先生(学外大学教授白門会会長)には未熟な私に親身なるご教示を賜りました。先輩諸兄の一致点は、母校愛で有ります。人、夫々のルーツは異なりますが、出会いは新しき道を創り出す原点であります。創り出すものを後に続く者へ伝え続けるには自己の人としての生き方に責任を負うという自負心と愛が必要だとも教えられました。
 私は歴史と文化の香りと愛情に満ちた学員会東京文京区支部の会長として先輩諸兄の教えを胸に、第一に、会員同志の親睦と和の結集。中央大学設立の理念「実地応用の素を養う」の基に時代の変化・多様性に対応すべく大学の発展、後輩の育成等の支援活動の充実。第二に、会員ご家族が参加される各種行事の開催であります。ご家族にも白門会の実情を知って頂き、ご子息・親族・友人・知人も中央大学へ入学して頂き、一人でも多く白門会の一員になって頂くことであります。第三に、会員増強であり、伝統あるこの会がより一層発展し、より円滑に末永く継続するために、何よりも若い方々の会員増強を、会員と共に行いたいと思います。第四に、他クラブとの交流をより一層深め、様々な会合・行事を催して参りたいと思います。
 これらを、事務局長を始め会員の皆様方のご協力とご支援の下で、私の足りないところの補填や言動に、羅針盤としてご指導を頂きながら、伝統あるこの会を強固なものに確立して参りたいと存じております。
 ご協力とご支援を賜りますよう重ねてお願い申し上げます。 

中央大学学員会東京文京区支部長

野 口 曻 兵 (昭和47年法学部法律学科卒業)

現在:学校法人 中央育英学園、東京育英学園 理事長及び学園長




名誉会長挨拶

大久保名誉会長

 中央大学学員会東京文京区支部は1996年(平成8年)4月創立で、本年度は15年目の活動をしています。支部長は初代・飯塚佳治氏、二代・田中祺益氏、現事務局長兼幹事長は松沼茂氏をはじめ役員や会員の方々も母校愛に燃えたすばらしい人達です。
 文京区は江戸時代、大名屋敷や有名寺院が集まる御府内。明治維新後も東京大学、一橋大学、お茶の水女子大学、東京教育大学、東京医科歯科大学等の国立有名大学が集中し、旧制私大も東洋大学、拓殖大学、日本医科大学、順天堂大学は区内に、「神田の学校」の中央大学、日本大学、明治大学、専修大学、それに早稲田大学、法政大学、立教大学等の多くの有名大学も文京区に隣接し、まさに東京の、いな日本の文教地区のセンター、中央エリアであります。また、多数の文化人の居住地域である「山の手」地区でもあります。まさに「文の都」であり、高等教育・文化のメッカであります。
 我が中央大学は飛躍的教育環境の向上を願って「多摩キャンパス」に移転してより久しくなりますが、現在は各大学とも”都心回帰”の流れになっています。
 文京区には中央大学後楽園キャンパスがあり、市ヶ谷キャンパス、市ヶ谷田町キャンパスも文京区隣接にあることは心強いことであります。理工学部や付属高校の活躍は勿論こと、さらにはロースクール、ビジネススクール、アカウンティングスクールなどの専門職大学院での中央大学の伝統的な高い評価を受けている実力は世間の注目を集めている処です。
 このような栄誉ある文京区で同窓諸氏との同窓会活動ができますことは会員諸氏のプライドでもあり、責任重大なところでもあります。
 因みに、長く文京区長をされていた故遠藤氏、教育委員長下村氏をはじめ区役所にも多数の中大OBがいます。区内企業にも中大OBがいますが、とくに東京ドーム社長の久代氏にはプロ野球観戦でお世話になりました。
 我が母校、中央大学もますます発展し、昨年は創立125周年を迎え記念式典が盛大に挙行されました。これを記念し、文京区に縁のある方々は是非本支部にご入会くださり、同窓生の親睦の輪を広げ、母校にエールを送りたいと思います。
「母校は母港!」が私のモットーです。
 たまには母校の思い出に浸りながら青春時代にリセットをしましょう。

中央大学学員会東京文京区支部名誉支部長

大 久 保  治 男 (昭和35年法学部法律学科卒業)

現在:駒澤大学名誉教授、武蔵野学院大学名誉学長及び名誉教授





 

役員構成

役職名   氏 名    卒業年次   
名誉会長大久保 治男1960 法
会長兼支部長  野口  曻兵1972 法
副会長兼副支部長久代  信次1965 法
倉田 金三郎1955 商
浮田  秀則1970 経
戸井田 ひろし1982 商
監  事大根田 昌生1958 法
亀谷  卓夫1973 理
相談役田中  祺益1958 商
飯田  康治1968 文
土屋  頼子1956 法
事務局長兼幹事長松沼   茂1967 経
副幹事長相場  有二1970 経
田村   悟1973 法
加藤  康人1974 法
鈴木  雅幸1972 法
幹  事   浅井  誠一1961 経
大野  正樹1989 法
大和田  實1967 経
奥野  光績1967 経
小川   祝1958 経
桂  やまと1999 文
菊池  靖雄1985 商
島崎   修1973 理
染野  郁郎1969 法
竹本  方英1988 文
玉井  三郎1953 法
利根川 伸行1977 理
松田   茂1971 商
宮崎  治子1964 法
山田  伸吾2005 商



powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional